入れ歯について

セルフケアとは? 気軽にできるお口セルフケア

セルフケアとは?

虫歯や歯周病の予防には、大きく2つあります。
歯科医院で行うプロフェッショナルケアと、ご自宅で行うセルフケアです。

多くの方にとって歯科医院に来ること自体が憂鬱だと思います。歯科医院に行かずに済むための予防を、心がけていただきたいと考えています。
予防の第一歩は、自分で管理をすることです。
治療は歯科医師の仕事ですが、ケアをするのは患者さん自身になりますので、ご自宅で簡単にできる歯・お口のケアをご紹介することも、大事な歯科医院の役割と思っております。

気軽にできるお口セルフケア

簡単にできるセルフケアをいくつかご紹介させて頂きます。

歯磨きがなかなかできない方へ

一日3回、3分間ずつ歯磨きをしてもたったの9分間です。
もしそれが難しいならば、昼はうがいだけでもかまいません。
朝、時間がなければ1分程度簡単に磨き、夜に十分時間をかけて磨く。それでも良いでしょう。ほんの数分でも自分にできることをやっていましょう。

食後にお水を一口飲む・うがいする、これも虫歯予防!

お水を一口飲ませるだけでも口の中の酸が減弱され、立派な虫歯予防になるんです。 出来ることを、少しずつ積み上げる所から始めましょう。

キシリトール配合のものの効果は?

キシリトールは、甘みはあっても砂糖のように歯を溶かす酸を作らず、虫歯予防に効果的です。お子様に甘いものを与える時は、キシリトール配合のものを与えるとよいと思います。

緑茶でのうがいも効果が期待できる!?

私たちが日常口にしている食品中には、かなりのフッ化物を含んでおります。特に緑茶は、フッ化物濃度が高いと言われます。
フッ素洗口剤の代わりに、緑茶のうがいも手軽にできる予防と言えます。

古い歯ブラシを、使い続けていませんか?

歯ブラシは、使い続けると機能が弱まるものです。
同じ時間、歯を磨いても、歯垢の落ち具合が違ってきます。
使用頻度でも異なりますが、定期的に交換しましょう。
現在は、いろんな歯ブラシがあります。
色々な歯ブラシを試しながら、歯磨きを楽しむことも、虫歯予防のコツかもしれません。

フッ素配合の歯みがき剤、どんな効果が期待できるの?

最近の歯みがき剤には、「フッ素配合」という記載をよく目にしますね。
フッ素(フッ化物)は、歯垢の細菌の活動を抑えたり、歯質を強化するなど、虫歯の発生を防ぐ効果があると言われています。
フッ素配合の歯磨き剤を付けて歯を磨いた後、お口の中にフッ素が残ります。
そうすることで、虫歯予防に繋がるということを意味していると言えます。

フッ素の効果を引き出すためにできること!

フッ素は、有効な濃度が口の中に長くとどまると虫歯予防効果が高まります。
ポイントの1つは、歯磨き後にうがいを丁寧にしすぎないことです。
うがいを丁寧にしすぎると、口の中のフッ素濃度が下がってしまいます。
簡単なうがいにとどめておくと良いでしょう。

ご予約は042-443-2246 9:00-12:30/15:00-18:30

神奈川県川崎市高津区、東急田園都市線「溝の口駅」徒歩2分、JR南武線「武蔵溝ノ口駅」徒歩3分の宮田歯科では、一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・入れ歯(義歯)・歯周病治療を行っております。