医院のご紹介

院長紹介

【院長】
宮田歯科院長

宮田 正則

【略歴】

歯科技工士専門学校卒業後
昭和63年  日本大学歯学部卒業
平成4年   日本大学大学院歯学研究科卒業
歯科医師の勉強の前に銀歯(クラウン・ブリッジ)や入れ歯の勉強をしました。

【専門とする診療】

補綴(クラウン・ブリッジ、入れ歯)
歯科医師と技工士の両方の視点からより良いかみ合わせを目指しています。補綴の前処置としての根管処置[歯の中の消毒]や歯石除去などにも力を入れております。

ごあいさつ

皆様こんにちは。 宮田歯科院長の宮田 正則です。当院では治療前のカウンセリングに力を入れ、患者様のご要望をしっかりお聞きし、患者さんのご希望に添えるような治療をいたします。虫歯や歯周病など歯が悪くなってしまってからの治療はもちろん、なる前の予防歯科の考えを大切にしております。また、当院では一度の診察を15分目安で行い、患者さんをお待たせすることがないように心がけております。

お口のことでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。

歯科治療で大切にしていること

歯科技工士の専門学校を卒業した後、大学の歯学部に進み、歯科医師という道を歩み始めました。その後、さらに先輩の勧めで大学院に残りました。大学院を含める12年間、歯科について学んだことになります。
今となっては人より2倍の時間を勉強に費やしたことで、知識も経験も豊富だということを自負していますし、治療にも生かせていると思います。

当院では、お口の中の悩みを、患者さまの希望に合った技術で、解消することに努めております。虫歯がたくさんあったとしても、一部分だけの治療を望んでいるのなら、それ以上のことは基本行いません。もちろん歯科医師として虫歯を放置することのデメリットについてのお話致しますが、あくまでも患者さまの希望を歯科治療の大前提とするように心がけております。
私の頭の中にある知識や技術の引き出しを、必要な時に開けるというスタンスで診療しております。
例えば、インプラント治療は保険外となり、誰もができるわけではありません。
入れ歯を入れることになれば、入れ歯に関する知識と技術が必要になります。
そして、入れ歯の歯の色も様々あり、患者さまに合った歯の色を選ぶためには審美の知識が役立ちます。
このように患者さまのご希望によって必要な知識や技術が違いますから、さまざまな要求に対応できるよう、日々から引き出しをたくさん持つことを大切にしています。

患者さまのご要望をしっかりと理解した上で、治療を進めるため
当院ではカウンセリングにも力を入れております。
特に初診の方の1回目の診療は、なるべくカウンセリング時間にあてることもあります。
患者さまのご要望をお聞きし、丁寧なご説明をすることを心がけています。
お口の中の悩みは、些細なこともお気軽にご相談頂ければ幸いです。

ご予約は042-443-2246 9:00-12:30/15:00-18:30

神奈川県川崎市高津区、東急田園都市線「溝の口駅」徒歩2分、JR南武線「武蔵溝ノ口駅」徒歩3分の宮田歯科では、一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・入れ歯(義歯)・歯周病治療を行っております。